商工会議所について

商工会議所は、地区内における企業の振興発展に努めると共に、地域の事業者の世論を代表し地域の発展のために活動する公的な性格を持つ地域総合経済団体です。
商工会議所は、昭和28年8月に制定された「商工会議所法」という法律によって運営されている特殊法人で4つの特色があります。

商工会議所は4つの個性から成り立っています。

商工会議所は4つの個性から成り立っています。公共性・総合性・地域性・国際性

公共性

会員主体の組織ですが、会員の枠をこえて地域全体のために活動します。

総合性

業種、規模、個人・法人にかかわらず、すべての事業者が加入できます。

地域性

地域を基盤として企業の発展を図ります。

国際性

世界各国と連携をもつ国際性豊かな団体です。

会員の意見を世論に反映

会員の意見を世論に反映
全国各地の商工会議所のすべての会員は日本商工会議所につながっております。一人一人の意見は小さくとも、あなたの意見は商工会議所の意見となり、さらに日本商工会議所の意見とすることもできるのです。商工会議所は皆様の声をまとめ、国政へ反映させながら、事業者の発展に寄与しております。

主な事業

意見活動

税制・労働・金融等の改善や地域開発などについて会員の意見をとりまとめ、国・道・市など関係機関に要望をして問題の解決を図っています。

情報サービス

最新の経済情勢をとらえるために各種の調査を行い、活きた資料づくりに努めています。こうした調査研究の結果や経済情勢を会員にタイムリーに提供しています。

相談サービス

経営・税務・労務・商取引・金融などの相談業務のほか倒産防止特別相談室を設け、倒産防止等の相談に応じています。

指導事業

会員の要望に応じた講演会・講習会・見学会を開催するほか、中小企業経営の近代化・専門化・協業化の推進や新入社員や従業員の教育訓練なども行っています。

技術及び検定

経営に関する技術、技能の普及に努め、簿記・リテールマーケティング(販売士)、北海道観光マスター等の検定試験を実施しています。

稚内商工会議所会員之章の制定

稚内商工会議所会員之章

本商工会議所では、1998年創立50周年を迎えたことを記念し、「稚内商工会議所会員之章」を制定いたしました。
商工会議所では、業種・業態・規模の大小を問わず地区内の全ての企業の総合的な発展を図り、地域経済の振興に寄与することを目的としております。

この会員之章は、あなたの企業が商工会議所会員として地域社会全体の発展に寄与していることを証明するとともに、あなたの企業で働く人達がその一翼を担っていることを自覚することにより、より一層反映されることを願って制定されたものです。
どうぞ、あなたの企業発展のためにも本会員之章をご利用いただきたく、また、未加入企業におきましては入会されますようおすすめ致します。

商工会議所のシンボルマーク

商工会議所シンボルマークこのマークは商工会議所の英語名 CHAMBER OF COMMERCE AND INDUSTRY の3つの頭文字CCIを組合わせ、さらに JAPAN の頭文字 J を含ませ、おおとりが翼を広げて大空を飛ぶ様子を表現しており、商工会議所が世界に飛躍していることを示す全国商工会議所の統一シンボルマークです。